新感覚のお店「INST」!300種のボードゲームずらり

世界のボードゲームが楽しめるカフェ&ショップのお店
INST(インスト)(大阪府八尾市北本町2-4-6 2F東側)は
八尾市の新しい『遊び場』を提供しているお店です。
オープンしたのは2017年4月とのことです。
ワールドワイドなボードゲームを多数そろえており
店内で食事をしながら遊べるのはもちろんのこと、
販売もしているので購入することもできます!


今日は代表のてっちこと、泉谷徹二さんに
お話をお伺いしました!
 
 

INSTはボードゲームが楽しめるお店!

-お店について教えてください
当店はボードゲーム300アイテムを取り揃えています。
店内で遊ぶことが可能で時間料金制で利用することができます。
食事もご用意しておりますので、カフェとしての
機能も備えています。
 
家族やカップルにも気兼ねなく、カジュアルな雰囲気で
楽しんでいただけるような内装を意識しております。
 
ボードゲームは日本のものから海外のものまで
幅広く取り揃えています。
海外は特にドイツ製が多いです。
ドイツはボードゲームの年間大賞があるくらい
とても盛んです。
日本がテレビゲームに走っていたころ
ドイツはボードゲームといった感じです。
 
店名の「INST(インスト)」という単語は
この業界では当たり前に使われている言葉で
意味はボードゲームのルールや遊び方を教える
という意味です。
 
 

お店は趣味で繋がる人と出会いの場所

-こだわっていることや特徴は?
ボードゲームが楽しめるお店をやろうと思ったのは
自身もテレビゲームやボードゲームをした経験からです。
ボードゲームで遊ぶと、人と人とがさらに繋がる
感じがあり、初めてあった人同士でも
ゲームを通じて気持ちを『丸裸』にするような感じで
互いのゲームに興じる時の表情などが見れます。
これはテレビゲームに無いおもしろさだと思い
広めたいという想いからお店をはじめました。
 
毎月イベントも開催しています。
ひとつは人狼ゲームです。
人狼ゲームの専門店では激戦を繰り広げられていますが
当店は初心者の方でも楽しめるように
カジュアルな感じで行っています。
 
また、独特なのが能登地方の伝承遊戯である
ごいた』というゲームのイベントをしています。
これは漁師さんが約100年前に考案したゲームで
将棋の駒でマージャンをするイメージです。
それを広めたいという方々がいらしたので
協力して、認知してもらえるようにと思い
イベントを行っています。

専門店だから見れる珍しいゲーム「ごいた」

 
-今後の展望などについては?

異性とかだけではなく『出会い』ということに
注目しています。
共通の趣味で楽しめる間柄とか
お一人様でも楽しめる場所になるよう
提供していきたいと思っています。
 
また、柔軟に対応できるようにしていきたとも
思っています。
漫画喫茶がホテルに近い利用のされ方をしているように
ここが出会いの場になればと思っています。
そのためにもアンテナを張って柔軟に
対応していきたいと思っています。

 
 

雰囲気をご紹介!ボードゲームの本棚です!

てっちさんがこだわった店舗内です。

 
この黒色のゴムで止められている
ボードゲームが店内で遊べるものです。

 
販売もしており、陳列の仕方は
まるでボードゲームの本棚です。
おしゃれな並べ方をしています。

 
アイランド型にも商品を陳列しています。
いろんなタイプのゲームが置いてあり
見ていても楽しいです。

 
こちらはINSTのオリジナルキャラクターの
バグと羊の缶バッチです。
当日は居ませんでしたが看板娘の方が
書いたキャラだそうです。
とてもかわいいですね!

 
 

感想

まず、ドイツがボードゲームが盛ん
だということは今回の取材で初めて知りました。
年間大賞と大きな賞を設けるくらいとは。
ボードゲームといえば人生ゲームを
連想してしまいますが、
初めて来店するお客さんも同じイメージだそうで
さまざまなタイプのボードゲームがあることを
知って驚かれるそうです。
今回の取材ではご家族2組が来店されており
どのボードゲームで遊ぶかを選んだあとは
てっちさんが丁寧にルール説明し、
終始にぎやかでした。
確かにテレビゲームだけでなくある意味
ボードゲームは直に触れ合うという雰囲気があり
これはこれで確かにテレビゲームでは
味わえない、プレイヤーの生の声や
反応があり面白いです。
ぜひ、ご興味のある方はご家族、
友人を連れて行ってみてください!
 
INST(インスト)のサイトはこちら