大阪さつま屋はグランプリ2回受賞ー八尾コレ(3)

2月22日~25日の4日間(主催:八尾商工会議所)、
ショッピングセンターのLINOAS2階(大阪府八尾市光町2-60)で行われた
八尾コレクション販売会に
御菓子司 大阪さつま屋(大阪府八尾市恩智中町1-205)が出展しました。

創業からおよそ50年で現在は恩智で郷土菓子をたくさん
作っている、大阪さつま屋さん。
八尾市の特産物である、枝豆や若ごぼうは
恩智で作られたものを使用している徹底ぶりです!

地産池消ブーム以前から、このお店では
元々、八尾市のものを使ってお菓子を
作っているそうで、『八尾愛』に溢れています。
 
今回の販売会では、受賞したお菓子3点陳列していました。
1つは、2012年に認定された八尾市の枝豆を使った
『八尾特産えだ豆水ようかん』です。

その次が2013年グランプリ商品『八尾若ごぼう餅 春菜』。

最後が2017年グランプリ商品『八尾特産若ごぼう入り 郷土菓やーごんぼ』です。

 
実はお店のご好意でやーごんぼと水ようかんをいただきました。
やーごんぼは香ばしくてとても美味しかったです。
中には細かく刻まれた若ごぼうのシャキシャキ感と
甘さが最高でした。(ごちそうさまだでした)
まだ、水ようかんは食べてないのですが
おいおい食べます!大事にとっています。
 
お店の方にお話を聞きますと
イベントに参加しての感想としては
「(イベント期間中の)土曜日、日曜日はお店を知っている人が来ていただきました。
また、イベントでは試食してもらい、イベント後お店にも来ていただいたお客様もいます」
とのことで、イベントへの参加は新しいお客さんとの
出会いの場になっているみたいです。
とても役に立っているのかもしれません!
 
やっぱり催事というのは、知らない人同士が
知り合える場で、その出会いはかけがえのないものですね。
私も取材へ行ったからこそ出会いました。
 
お菓子はとにかく美味しいので
ぜひ、一度行ってみてください!