やお若者OTS会議成果発表会


2月28日、八尾市の若者OTS会議の6チームが集結して平成29年度~30年度の活動報告、成果発表会の取材をしました。
(OTSとは、おもろい!たのしい!サイコー!の略)
 
開会は八尾市・田中誠太市長の挨拶で始まりました。

「平成29年~30年、2年に渡る取り組みをありがとうございます。
いつも楽しく企画してくれたことに感謝しています」とのこと。
 
市長の挨拶の後、八尾狩り、大人の運動会、神エイト、テンポやお、チャリっちゃお、Yao Re HOMEの計6チームの発表が行われました。
 
 
 

八尾狩り

八尾狩りの目的は八尾の魅力をもっと知って貰いたい、八尾をもっと知って貰いたい。
自分自身がした行動で八尾でつくられた製品を獲得するなどし
しっかり知って貰う-とのこと。
 
「射的」を作り、的には八尾に関する特産品や観光地を印刷して使用。
アンケート用紙を紙飛行機にして飛ばし、子供の好きなキャラクターの口の中に入れるような楽しい工夫をしたそうです。
イベント実施には、事業者様の協力が必要で
協賛企業数社から景品を提供して貰ったそうです。
 
 
 

大人の運動会

大人の運動会は、八尾発!!大人の運動会を開催しました。
就活に興味がある若者や、企業が参加しました。
学生と企業が協力してどうしたら参加者に八尾の魅力を伝えられるか話しあったそうです。
運動会は体操から始まり、色々な競技に参加企業の特徴を競技に盛り込み、休憩には企業PRを行ったそうです。
運動会を通して、とても貴重な体験ができ、企画を柔軟に受け入れてくれた多くの方々に協力してもらい、無事に終えることができました。
 
 
 

神エイト

神エイトは、八尾のイベントやグルメをSNS上で発信するグループ。
オーディションによりメンバーが選ばれたそうで、八尾市制施行70周年・中核市移行記念式典で御披露目されました。
式典ではロゴマークの発表、マーチングバンドや吹奏楽部などの演奏も行われました。
 
ステッカーや名刺も作ってもらったそうです。
また、チャリっちゃおとコラボもしたようです。
今後も活動を自主的に継続したい、とのことです。
 
 
 

テンポやお

テンポやおとは、吹奏楽の力で若者を引き込み、八尾市の活性化を目指し
「吹奏楽のまち八尾」に貢献するグループだそうです。
 
ハッピーアースデー大阪2018で演奏会を行い
フラッシュモブやエコ楽器を使ったこども向けの演奏体験コーナー、指揮者体験コーナーも行いました。
やおミュージックフェスティバル(やおフェス)、YAO OTAIYA MARKETでも演奏したそうです。
 
お揃いの黄色いTシャツはクラウドファウンディングで制作されました。
 
今後は、八尾の魅力を発信して解散しても各々の活動に生かしていくそうです。
 
 
 

チャリっちゃお

チャリっちゃおとは、「自転車を活用して自転車のまわれる範囲で楽しめる街」を紹介しています。
放置自転車のDIYで街の活性化を図るが、失敗を経て目的設定の変更をし、八尾の良さを沢山の人に知ってもらうようにしたそうです。
 
チャリっちゃおイベントとして、「街中の風景や美味しいお店を楽しむコース」と「高台の景観と夕陽を楽しむコース」を作り、実際にそれぞれ自転車でまわったそうです。
 
 
 

Yao Re HOME

Yao Re HOMEの事業概要
2018.5空き家ミーティング
2018.9空き家CAFE
2018.10~12空き家コンテスト
 
「八尾の空き家を有効活用したい人が集まる場をつくる(プラットホームづくり)」をコンセプトにしたそうです。
 
1、空き家ミーティング
現場の先駆者や専門家に事例発表をして貰い、意見交換を行った。
2、空き家CAFE
情報交換の場で、実際のコーヒー等が飲めるカフェではないが、フランクに話せる場づくり。
事例発表の後、各テーブルに分かれ、意見交換した。
参加人数は53名。
 
3、空き家コンテスト
実際の空き家をピックアップ。
その空き家の活用プランを一般募集。
プランの発表をコンテスト形式で公開。
コンテストで発表されたプランを空き地の持ち主に報告、提案。
2018年12月2日に5名が空き家活用プランを発表しました。
 
 
 

終わりに


まとめ、締めの挨拶も田中市長が述べられました。
 
「6つの事業のうち5つ参加しました。いろんな視点で八尾市を盛り上げてくれた会議。八尾というのは可能性があるし、楽しいまちだと思います。半分遊びでもいいんです。みんながいろいろ考えて取り組む。そんな楽しい八尾市をつくれたらいいなと思っています。また、面白い八尾市をみんなでつくっていきたいですね」
 
大変成果のあった取り組みだったのではないでしょうか。
以上、はじめがお送りしました。