平金物・柴田和子さんににインタビュー【やお姫No.4】

管理部・部長の柴田さんにお聞きしました

平金物株式会社(八尾市跡部北の町1‐2‐20)は、創業53年を迎える企業で、長尺機械板金による
金属製品や建築金物を制作している会社です。
そのほか、アルミ板、ステンレス板、ボンデ鋼板、ZAM鋼板の切断
折曲加工、レーザー加工ほか、金属関係の製品制作販売を
行っています。
そこで、20年弱努めている、部長である柴田さんに
今回はインタビューしてきました。

中央が柴田さん

 
 
 

通常業務は経理をやっています

最終努めて約20数年。
多くの中小企業では親族関係が経理を行うことが
ありますが、同社では親族ではない、柴田さんが
経理をしているという、おおらかな会社です。
 
経理一本でやってきましたが、
空いた時間は、業務や設計の手伝いなども
やっているとのこと。
様々な仕事を覚えては、次の世代に少しずつ
教えているそうです。
 
 
 

女性のための職場改善に一役買っていた

後輩となる営業課、主任の大見ちえみさんは
「女性のための職場改善に、柴田さんは尽力してくれました」と
いうぐらい、同社の環境が数十年前に比べガラリと変わったそうです。
 
特にお給料面では、女性社員も適正のお給料が支給されるように
なったそうです。
男女関係なく、働きぶりなどで適正な賃金が支払われる分
「その代わり、しっかり会社のために責任をもって
仕事はやっています」と柴田さん。
 
どの業界、企業においても旧体制時代はありました。
しかし、現在では同社でも、提案するシステムが構築され
いいアイデアを出した人には賞が貰えるなど、
『聞く』という体制に変わっていきました。
 
働き方への変化もあり、昔であれば女性がお茶くみ掃除をする
時代がありましたが、今では掃除はみんなで行う上、
お茶もみんなが、それぞれのタイミング飲むなど
小さいことながらも少しずつ変化をとげていきました。
大見さんは「柴田さんはいつも矢面に立ってくれました。
女性社員が働きやすい環境をつくために、いつも私たちの
ために動いてくれました」と、感謝の言葉を伝えていました。
 
さらに、若手社員にとっても環境の変化がありました。
それは人材育成です。
昔は、「見て覚える」が常識でしたが、入りたての社員が
すぐに辞めないで、長く勤めてもらえるようにと
仲間が一丸となって、社員育成に尽力。
平光章社長も、社員が長く続くようにと、
改善には前向きに取り組まれたそです。
「社長も今の時代にそった取り組みを取り入れています。
上層部がそういった考え方をもっている職場なんです」と、
垣根を超えた関係であるようです。
 
そういったこともあり、
「部署が合わない場合は他の部署に移るとか
他の部署をのぞいてみたいなど、長く続けてもらいたいという
想いで、当社はサポートしています」と、新人社員にとっても
優しい環境であるというのが伺えます。
 
 
 

まとめ

同社のお話を伺うと、女性社員にとっても
働きやすい環境を作るということに
とても注力されてきたのがわかります。
また、社員だけでなく、社長本人も率先して変えようという
想いがとても伝わってきました。
 
昨今、ブラック企業などコンプライアンスの問題が大きく
取り沙汰されています。
そんな中、社長、社員が一丸となって楽しく過ごせるようにと
工夫しているのは、とてもいいことですね。
 
また、柴田さん本人も会社のためにと
いろんな意見、提案を行ってきた努力、想いは
とても大きなものだと思います。
 
女性社員からも慕われており、その人望が伺えました。
 
 
 
平金物株式会社のサイトはこちらをクリック

【特集】株式会社MIMAの美馬社長にインタビュー!

1965年に創業したリフォーム事業を手掛ける株式会社MIMA。
八尾市生まれの八尾好きの社長、美馬功之介氏が事業展開している会社です。
今回はそんな美馬社長のインタビューをご紹介します。

八尾市への想いをお話します!

―同社ではどんな想いで業務をされていますか?
単なる地域密着ではなく、『超』地域密着型で展開しています。
どんな考えかと言いますと、近くの人たちのリフォームや水漏れのほか、
小さなお困りごとにこたえられるように努めることです。
家の近所に頼れるお店(会社)があると思ってほしい思いで
やっています。
 
―なぜ、地域性にこだわっているのですか?
昔、尊敬する方に言われた言葉です。
「近くの人たちをとにかく喜ばせなさい」という言葉です。
その言葉を信じてやってきました。
 
まず、地域から愛されないといけない。
しっかりやらないといけないと思い
それを守ってきました。
 
―八尾市が好きなのですね。
八尾市内で認知度、実績ナンバー1になりたいと思っています。
そして、お住まいのことでお悩み事があり、そんなときに
数あるリフォーム業者の1つに当社が出てくるようになりたいのです。
 
さらに、私は地域を守るヒーローになっていきたいと考えています。
どういうことかと言いますと、近くに信頼のできるリフォーム業者があると
私たちのことをそう思っていただければ
リフォーム悪徳業者が八尾市内に入れなくなります。
そういった面でヒーローになりたいと思っています。
 
―八尾市を盛り上げたいとか。
個人的には八尾市を元気にしたいとも思っています。
八尾市にお世話になったので盛り上げたいですね。
さらに将来、八尾市で就職や起業して欲しいと考え
子どもたちがプロのビジネスマンから教わることができる
仕組みを作りたいと考えています。
 
また、現場作業の良さを知ってもらうためにも
職人でもかっこいい人は居るということも発信したいです。
イケメンや看板娘など、ネットや動画で伝えていきたいですね。
 
―地域と住民をつなげるためのサービスがあるそうですね。
当社では『Happy Yao Love Ticket』を
新築住宅、中古住宅、リフォームのご契約をいただいた方
ご家族やご友人をご紹介していただいた方に対し
お贈りしているオリジナルチケットです。
 
八尾市内の協賛店様でご利用いただけるチケットです。
飲食店や美容室やカルチャーなど現在、56店舗で
ご利用いただけます。
 
八尾市にお住まいいただいて、周辺のお店でご利用いただくことで
地域活性化につながると思い、こういった活動もしています。
最終的には行政ともタッグを組んで、大きくやっていけたらと
思い描いています。
 
 
 

まとめ

八尾市に本拠地を置く企業は
本当に、八尾愛にあふれる方々ばかりで
そのウェイトはとても高いです。
 
美馬社長も例にもれず、自身の想い
八尾愛をどう表現したらよいかなどを日々考え
一歩ずつ、そのイメージを実現されています。
 
そのポジティブさが、どんどんいろんな企業、地域
地域住民に派生していくといいなと感じました。
そうすることで、より八尾市が活性化していくのでは
ないでしょうか?
 
 
 
ぜひ、リフォームをご検討中の方は、下記リンクからMIMAのホームページへ
行ってみてください。

株式会社MIMAのサイトは下記画像をクリック!

Shasta80【シャスタヤオ】(八尾あきんどおんどねっとより)

Shasta80は、スタジオカメラマンとして20年勤務した
プロカメラマンが、オープンした写真スタジオ+複合型のお店です。
コンセプトは、八尾市民が集いコミュニケーションが取れる場
としてオープンされました。

店長は「働くにしても、楽しくやれるように思い」という
考えでお店を運営しています。
もっと見る

『大きな木の家を建てよう!』inみせるばやお

リフォーム事業、不動産事業を展開する株式会社MIMA(八尾市中田3-11)が主催する
『大きな木の家を建てよう!~高さ2メートルの家をみんなで作るよ!~』が
リノアス8階にあるみせるばやお内で行われました。
 
午前の部、午後の部と分けて実施され、253人の方々が参加されました。
また、このイベントをきっかけに、みせるばやおへの新規会員登録にも
大きく寄与したそうです。
 
今回は、子供たちとMIMAスタッフが、共同で家を建てる
一部始終をお送りしたいと思います!

もっと見る

【特集】リフォーム業のMIMAは八尾市が大好き

八尾市内のリフォームなら株式会社MIMA


1965年に創業したリフォーム事業を手掛ける株式会社MIMA。
八尾市生まれの八尾好きの社長、美馬功之介氏が事業展開している会社です。
道路沿いにある黄色い建物でとても印象的な会社です。
今回は、そんな八尾をこよなく愛するMIMAの企業紹介をしたいと思います。
もっと見る

大きな木の家を建てよう!-株式会社MIMA


リフォーム事業、不動産事業を展開する株式会社MIMA(八尾市中田3‐11)が
みせるばやお内(八尾市光町2‐60リノアス8階)で、
「大きな木の家を建てよう!~高さ2メートルの家をみんなで作るよ!~」
と題したイベントを開催します。
 
実施日は7月28日(日曜日)です。
午前の部は11時~12時30分
午後の部は14時~15時30分
となっています。
 
対象年齢は小学生以上で、参加費は500円となっていますが
大変、好評のため、同イベントに関しましては、定員を満たしております。
 
でも大丈夫!
同時開催の7つのワークショップに関しては当日参加が可能です(材料なくなり次第終了、予約推奨)。
 
今回は、好評で瞬時に定員を満たしたMIMA主催のイベントの概要説明と
7つのワークショップの内容について説明したいと思います!
もっと見る

ブラジリアン柔術(八尾あきんどおんどねっとより)

ブラジリアン柔術は、打撃を一切使用しない格闘技で寝技が中心となるものです。
そのためケガが少ないうえ、しっかり技を学べます。

アメリカでは、ヨガ教室に通う感覚で手軽に楽しめるスポーツとして人気とのこと。
ハリウッド俳優やモデルなども、シェイプアップのために気軽に通っているぐらいです。
同道場でも「気軽に楽しめる」をモットーに運営されており
道場の清掃や堅苦しい礼儀、偏った上下関係は一切なしで、行っているそうです。
「テクニックを磨くことに集中してほしい」という想いがあるようです。
もっと見る

オーツー・中島有紗さんにインタビュー【やお姫No.3】

取締役の中島さんにお聞きしました

株式会社オーツー(八尾市楠根町2-1-1)は創業してから約50年で、
業務用や商業用の家具を製造販売しています。
最近では、取り扱っているすべての商品を
統合し、『QUON』というブランドを立ち上げました。
そんなオーツーで取締役している中島さんに
お話をお聞きしました。

もっと見る

オコノミヤキベイベー(八尾あきんどおんどねっとより)

令和元年となった5月にオープンした
お好み焼き、焼きそばのお店「オコノミヤキベイベー」。
こじんまりとしたお店ではありますが、お店の看板はにぎやかなデザインで
店長であるベイベーマスターの黒田隆太さんも明るい店長さんです。

店長は約10年飲食関係で修業をした方です。
なんと、単に飲食店で修業したのではなく、海外へも行って学びました。
「20代は修業の時期」という思いのもと、いろんな飲食店で勉強しました。
もっと見る